• トップ

妊娠をした方はケアが必要

妊娠をした方は妊娠線の原因について勉強をしてケアをすると良いです。妊婦の体にこの線があらわれる理由は、胎児の成長とともにお腹などが急に大きくなり、皮膚の下にある弾性繊維が断裂する事によりおこる症状になります。皮膚の下には真皮層などがありますが、同じように皮膚の下には弾力を保つための弾性繊維があるからです。また皮膚が急激に伸びる事により、コラーゲンが断裂する事でこのような線が生じます。妊娠線は妊娠5か月くらいから目立ち始めますが、この原因を知る事である程度予防が可能になります。専用のクリームなどで保湿をするように気をつけるとかなり効果が期待できます。お風呂上りなどにこの専用のクリームなどでケアをするように心がけると良です。クリーム以外にオイルや美容液などいくつか種類があるので、使用感などで使いやすい物を継続して使用する事が大切になります。赤紫の色が出てくる妊娠線は、妊娠した方の半数近くの方に現れるので珍しい症状ではないので、急激に体重が増えるなどの原因が解ればある程度は解消したり予防が可能です。妊娠した後に現れる妊娠線は、その原因を知ったうえで専用の化粧品によるケアがかなり大切になります。

妊娠の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP